RSS | ATOM | SEARCH
01月14日(木) 乾かしつつ (LP4)
 本体を乾かしてる間に、外したパーツのケアをば。

外したパーツもろもろ


ほとんどのパーツには、ボディ同様に水の跡が付いてます。
金属パーツは錆びてるものもチラホラ。

水アカ&錆びの付いたブリッジ←ブリッジ。
全体に広がってる白いモヤモヤが水の跡。

水アカと軽い錆びは磨けばキレイになるので、さらに分解して1つずつ磨く。






ブリッジサドルのオクターブ調整ネジエスカッションビスピックアップのマウント用ネジ

このへんは錆びがひどくて、メッキまで剥げちゃったもの。
こういうのは、ぜんぶ交換。

エスカッションビスなんて、
「インチサイズなんてどこにあるの〜
と思ってたけど、おなじみの某楽器屋さんで分けてもらえました。
あすこのお兄さんには、一生頭が上がるまい…


余談ですが、最近お気に入りの磨き剤は、
wenol (金属研磨剤)
重曹(←水で溶いてペースト状にしたもの)

重曹は、金属以外もだいたい何でもキレイにしてくれます。
不自然な輝き方をしないし、粒子が柔らかいから相手を傷めない
あと、金属研磨剤のように布や手が黒く汚れないのもミソ。

ただ、ペースト状とは言っても粉が付くので、磨いたパーツは水でよく洗って、よく拭く必要があります。
ので、フレットとかペグとか、洗ったり拭いたりが難しいものには

wenolは、逆にものっすごくキレイに光ります。銀!てかんじ。
伸び具合がちょうど良くて使いやすい。
メッキは剥がすって書いてあるけど、そーでもない。
ネジとかペグとか、あとおもにフレットの仕上げにも使ってます。
前は「ピカール」を使ってたけど、それより断然ピカる…

ちなみに、wenol使って黒く汚れた手は、重曹でキレイになります(笑)

錆びがちょっとヒドイものは、レモン汁に浸けます。
これはけっこう強力。頑固な錆びも、わりと容赦なく落とす。
でも、そーいう錆びってメッキを完全に侵食してるから、
それを落とすと、メッキが剥げたのと同じことになって
どのみち使えないのだけど…。
メッキが残ってて、でも磨き剤じゃ落とせない程度の錆びには
でも、やりすぎると、やっぱメッキが剥げたりするので要注意


次回は配線まわり。かも。
author:, category:修理・改造(LP塗装割れ補修)
comments(0),trackbacks(0), pookmark
comments









トラックバック
url: http://crw.futagons.com/trackback/40